共働き主婦Kikiの暮らし方

家事、節約・貯金、料理、親孝行、旅、暮ら方アイディア。

夫の家事に対する理解を深めよう 

こんにちは、共働き主婦のKikiです。

 

共働きで、仕事終わりに、

 

毎日、夕飯の支度をして、

家事をこなすのは、本当に本当に大変です。

 料理も片付けも得意ではない私にとっては一苦労です。

 

f:id:kikisnow:20180417214302p:plain

 

夫に「何か家事"手伝おうか?"」

と言われる事がありますが、

 

この言葉自体は、本当にありがたくて、

素直に嬉しいのですが、

 

でも、やはり「家事は女性がするもの」と

どこか他人事のように思っているのでは、、

という気がしていました。。

 

食事を作る、片付ける、掃除をする、洗濯をする、

買い物をする、補充をする。

 

これらの事は、

自分達が生きてく為に必要な自分達の事。

 

f:id:kikisnow:20180417214824p:plain

 

「何をやって、何を手伝って」と言わなくとも、

自分が、自分達が生活していくうえで必要な事を

自分でやってもらいたい。というのが本音でした。

 

こんな事夫に伝えたら、どう思われるかなと考えて、

もやもやしながら、言えない日々が続きましたが、

 

仕事と家事の両立が大変だと言う事を

ちゃんと言葉にして伝えたら、

 

「二人とも仕事していて、家事は大変だから、

一緒にやろう」と言ってくれました。

 

 

そして、平日の家事を分担する事ができました。 

・夕飯作り ⇒ 私

・鍋&私の食器洗い ⇒ 私

・夫の食器洗い ⇒ 夫 

・洗濯は夜干す ⇒ 私&夫

・朝ご飯の準備 ⇒ 夫

 

といったように、大幅に変更になりました!

 

お互いに家事について真剣に話し合い、

一緒に考え、一緒に家事を行う。

 

今では夫は、

料理がとっても上手だし、

掃除もささっ〜としてくれるし、

私が不在の時でも洗濯物をしてくれます。

 

夫は家事が苦手だから、家事はさせないのでなく、

一緒にやって上手になってもらった方が良いと思います

 

これから何十年も共に暮らしていくのですから。

助け合えるようになっておくのが良いと思います。

 

 

もちろん、いくつか女性側も気を付けるべき点があります!私が考える注意点3つ。

 

 

①まずは、やって欲しい事や何が家事としてあるのかを伝える。

私が何も言わなくても、当たり前の事としてやって欲しいと思っていましたが、

やって欲しい事、思っている事は、

言葉にしてしっかりと言わないと伝わりません。

ちゃんと伝える事。

 

②夫のペースで家事をさせる!

女性自身がやってもらいたいタイミングで

家事やってよ!とかそういったものは絶対ダメです。

それは自分勝手になってしまいます。疲れていて休みたい時もあります。

初めのうちは、自分でやった方が早いと思いますが、それでもジッ〜と時を待ちましょう。

あまりにもしない時には、チクチクいいますが(笑)

 

夫がした家事に対して文句を言ったり、やり直ししない。

アドバイスはいいと思いますが、

文句をいったり、自分のやり方と違うからといって、やり直しをするのもダメです。

やっても文句言われたら、やる気がなくなってしまいます。

どうしても、気を付けて欲しいこだわりがあれば、

事前に伝えておきましょう。いっぱいのこだわりを押し付けるのはNGです。

 

私達夫婦は、何度も色々と話あったおかげで、

今ではだいぶ家事のストレスが軽減されました。

 

これも全部、夫の理解と協力のおかげさまさまです。イツモ アリガトウデス~

 

主婦にとって、家事は永遠のテーマです。

是非、夫婦で家事について、分担の見直しについて、

何度も考えて、話あって、改善していきましょう~!

 

前回の記事はこちら

 

kikisnow.hatenablog.com